モグワン

モグワンとカナガン違いを比較!食いつき・値段など10個の項目で徹底調査!

人気・知名度共に高いモグワンドッグフードとカナガンドッグフード。比較すると違いは何なのか?どっちを選べばいいの?と疑問に思ってしまいますよね。

モグワンとカナガンはどっちも評判が良いだけでなく、原材料・成分が似ていて販売会社まで同じなので迷ってしまいやすいですが、両者を詳しく比較して見たところ明確な違いが見つかりました!

オリオンママ
オリオンママ
今回の記事では、モグワンとカナガンの2つのドッグフードを値段・食いつき・成分など10個の項目で徹底的に比較しましたので、選ぶ時の参考にしてくださいね。

\今なら最大20%OFFで購入可能♪/
モグワンドッグフードの公式サイトはこちら

カナガンドッグフードの公式サイトはこちら

【総合評価】当サイトで比較したところ、総合評価が高いのはモグワンドッグフードに決まり!

今回当サイト独自の10個の項目でモグワンとカナガンを比較したものを表にまとめた所、総合的な評価が高いのはモグワンドッグフードということになりました!

モグワン カナガン
ンサムネイル カナガンサムネイル
原材料 チキン&サーモン
チキンのみ
栄養成分 バランスの良い配合
高タンパクの配合
カロリー・脂質 低カロリー・低脂質
高カロリー・高脂質
安全性の高さ 高グレード
高グレード
対応犬種・対応月齢 生後2ヶ月~
全犬種対応
生後2ヶ月~
全犬種対応
粒の大きさ・形状・硬さ 直径約0.8mm~10mm
(堅すぎない)

直径約0.8mm~10mm
(やや硬い)

匂い・食いつき・色 魚系の匂い
肉系の匂い
涙やけへの効果 食べ物が原因の場合効果が期待できる

食べ物が原因の場合効果が期待できる

販売会社・製造元の比較 高グレード

高グレード
コスパ・最安値の比較 100gあたりの最安値:176円

100gあたりの最安値:171円

モグワンもカナガンもイギリスのFEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)の基準をクリアした高グレードの安心して与えられるドッグフードですが、2つを比較した所若干ですが数値的にモグワンが上回りました。

愛犬のためにドッグフードを選ぶときは、その子の生活環境・年齢・体質などを見ながら総合的に判断していくのが望ましいので、今回の比較ポイントをご自身の愛犬に置き換えながら見て行ってくださいね。

オリオン
オリオン
それでは、ここからモグワンとカナガンの10の比較項目の詳細をご紹介していくよ!

\今なら最大20%OFFで購入可能♪/
モグワンドッグフードの公式サイトはこちら

カナガンドッグフードの公式サイトはこちら

どっちが良い?モグワンとカナガンの違いを10個の項目で比較!

モグワンとカナガンモグワンとカナガンのどっちが良いのかを探るために、2つの違いを以下の10個の項目ごとに詳しく比較していきます。

①原材料での比較
②栄養成分での比較
③安全性の高さでの比較
④対応月齢・対応犬種での比較
⑤粒の大きさでの比較
⑥カロリー・脂質量での比較
⑦匂い・食いつき・色の比較
⑧涙やけへの効果の比較
⑨販売会社・開発者での比較
⑩コスパ・最安値での比較
<番外編>パッケージでの比較

オリオンママ
オリオンママ
モグワンとカナガン、よく似ている2つのドッグフードを10の項目で詳しく比較していきます[/chat

①原材料の比較

モグワンとカナガン 原材料
モグワン カナガン
ンサムネイル カナガンサムネイル
主な原材料 チキン&サーモン56.5%(チキン生肉21%、生サーモン12%、乾燥チキン12%、乾燥サーモン7.5%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%) 骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%
その他の原材料 サツマイモ、エンドウ豆、レンズ豆、ヒヨコ豆、ビール酵母、アルファルファ、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、グランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、セイヨウタンポポ、トマト、ショウガ、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、メチルするファニルメタン(MSM)、コンドロイチン、ミネラル類(亜鉛・鉄・マンガン・ヨウ素)、ビタミン類(A・D3・E)乳酸菌 サツマイモ、エンドウ豆、じゃがいも、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、ミネラル、ビタミン(ビタミンA 16,250IU/kg、ビタミンD3 2,400IU/kg、ビタミンE 240IU/kg)、グルコサミン1000mg/kg、メチルスルフォニルメタン(MSM)1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ
添加物・香料など  なし なし
栄養価 チキンだけでなくサーモンも入っているので食いつきの良さ抜群!グレイン・グルテンフリーで消化を助けアレルギーを避けられる。 チキン含有量50%以上の高タンパク質フード!グレイン・グルテンフリーで消化を助けアレルギーを避けられる。

モグワンとカナガンの原材料を比較して分かったことは、どっちも愛犬の健康を考え抜かれた、ヒューマングレードの高品質のドッグフードであるということです。

ただ、よく比較して見るとモグワンとカナガンに使用されている原材料に違いが3つ見つかったので詳しく解説していきますね。

違い①動物性主原料が違う

モグワンとカナガンはどっちも高タンパクな良質のドッグフードですが、動物性主原料に違いがあります。

モグワン:チキン&サーモン56.5%
カナガン:骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%

このように、モグワンにはアスタキサンチン(抗酸化成分)やDHA/EPA(必須脂肪酸)を含む良質のサーモンが使用されていていることが大きな特徴です。

オリオン
オリオン

アスタキサンチンはビタミンEの500倍以上の抗酸化効果があり、DHA/EPAは血液をサラサラにしてくれることから、高い健康効果が期待できるね!

違い②モグワンには若々しさをココナッツオイルも使用!

カナガンに使われている油脂類はチキンオイル・サーモンオイルの2種類の動物性油脂ですが、がモグワンにはサーモンオイルの他に良質な植物性油脂として注目を集めているココナッツオイルが使われています。

ココナッツオイルは吸収分解が早い中鎖脂肪酸の一種で、健やかな身体環境を維持し、若々しさを保つ効果があります。

オリオンママ
オリオンママ
また、素早くエネルギーに変わって元気をサポートしてくれる効果があり、トータル的に健康をサポートしてくれる優れたオイルですよ。

違い③カナガンの原料にややアレルゲンとなりやすい食材が使われている

カナガンには乾燥全卵が3.1%使用されていますが、実は犬の食物アレルギーの原因となりやすい食材として卵が挙られます。

犬が注意したいアレルゲンとなりやすい食材

牛肉、卵、乳製品、穀類(大豆、トウモロコシ、小麦)など

オリオン
オリオン
全ての犬が卵でアレルギー症状を引き起こす可能性があるわけではなけれど、もし卵アレルギーの可能性を心配するのであればカナガンは避けた方が無難だね!

違い④関節サポート成分はカナガンの含有量が多い

モグワンにもカナガンにも関節ケア成分である、グルコサミンとコンドロイチンが含まれています。

モグワン カナガン
グルコサミン 180mg/kg 1000mg/kg
コンドロイチン 125/kg 700mg/kg

モグワンとカナガンの関節ケア成分含有量を調べた所、カナガンの方が圧倒的に多くの関節ケアに有効な成分量が配合されていることがわかりました。

オリオンママ
オリオンママ
関節ケアが必要な老犬にはカナガンの方がおすすめということですね!

②栄養成分の比較

モグワンとカナガン 栄養成分次に、モグワンとカナガンの栄養成分の違いを日本ペットフード協会が定めた栄養基準(AAFCO)と比較してみました。

モグワン カナガン AAFCOの成犬用基準
タンパク質 27% 33% 18.0%以上
脂質 10% 17% 5.5%以上
繊維 4.75%  3.5%
灰分 9.5% 9.0%
水分 9%
8.5%
炭水化物 38.5%
29%
オメガ6脂肪酸 1.63%
2.8% 1.1%以上
オメガ3脂肪酸 1,18 0.90%
リン 1% 1.42% 0.5~1.6%
マグネシウム 0.17% 0.10%
ナトリウム 0.29% 0.60%
カルシウム 1.4% 1.86% 0.5~1.8%
カリウム 1.05% 0.6%

カロリー

(100gあたり)

361.5lkcal 361.25kcal

おすすめポイント

食いつきの良さ、手作り品質のフード、チキン&サーモンを贅沢に使用 子犬・授乳期の子にも適した高いタンパクフード、運動量が多い子にも

モグワン・カナガンの栄養素とAAFCOの成犬基準値を比較してみたところ、どっちも全ての成分が基準値以上となっていて、愛犬に安心して与えられるドッグフードであるることがわかりました。

オリオンママ
オリオンママ
とは言え、モグワンとカナガンの栄養価の違いを比較すると異なる部分が2つ見つかったので、詳しく解説していきますね。

違い①タンパク質・脂質量の違い

チキン&サーモンを原材料として作られたモグワンのタンパク質量が27%に対して、チキンメインで作られたカナガンのたんぱく質量は33%と高い数値となっています。

また、脂質量もモグワンが10%なのに対してカナガンは17%と高い数値になっていることから、カナガンは高タンパク・高脂質のドッグフードということがわかりますね。

高タンパク・高脂質のドッグフードは、運動量の多いワンちゃんや妊娠・授乳期・子犬には適していますが、逆を言うと運動量が少ない室内犬にカナガンを規定量与えてしまうと太りやすくなってしまう可能性もあるので注意が必要です。

オリオン
オリオン
肥満は病気のリスクだけでなく、関節を痛めてしまうリスクもあるから要注意だね!

違い②:オメガ3&オメガ6脂肪酸の量

モグワンとカナガンのオメガ3&オメガ6脂肪酸の含有量は若干ではありますが数値に違いがあります。

モグワンは原材料にサーモンを使用していることから、カナガンよりオメガ3の含有量が多くなっていますが、オメガ6の含有量はカナガンの方が多いことがわかりますね。

オメガ3とオメガ6脂肪酸は両方をバランス良く摂取することで健康維持効果が得られるので、どっちが良い!と一概には言いにくいものではあります。

オリオンママ
オリオンママ
ですが、血液をサラサラにして代謝を良くし、被毛や皮膚を健康に保つ効果の高いオメガ3脂肪酸が多いモグワンが愛犬の健康と美しさを考えるのなら適していますよ~!

③カロリー・脂質量での比較

モグワン カナガン
100gあたりの
カロリー
344kcal 361.25kcal
脂質量 10% 17%

今度はモグワンとカナガンのカロリーと脂質量を比較してみたところ、カロリー・脂質量ともにカナガンの数値が高いことがわかりました。

これは、モグワンの原材料にチキンだけでなくヘルシーなサーモンも使われていることから、カロリー・脂質量ともにカナガンより低いんですね。

オリオン
オリオン
去勢後や太りやすい体質で肥満気味の場合は、ヘルシーなモグワンの方が適しているということだね!

④安全性の高さでの比較

次に、モグワンとカナガンの食材品質から生産工場までの詳細を比較し、安全性の高さをチェックしていきます。

モグワン カナガン
食材品質 ヒューマングレード ヒューマングレード
穀物の使用 グレインフリー グレインフリー
香料・着色料
合成保存料
無添加 無添加
遺伝子組み換え・副産物食品 不使用 不使用
生産工場 FEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)の基準をクリア FEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)の基準をクリア
トレーサビリティ 製造ロット番号で管理 製造ロット番号で管理

このように、モグワンとカナガンは食材の品質レベル~トレーサビリティまで全く同じということがわかりました。

どっちのドッグフードも、肉・魚・野菜などの原材料は全て人間用の食品工場から仕入れられ、FEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)の基準をクリアした工場で生産されています。

オリオンママ
オリオンママ
できあがったドッグフードドッグフードの袋には、製造番号・生産日・原材料のロットまでトラッキングができるなんて飼い主の私達にっとっても安心ですね。

⑤対応犬種・対応月齢での比較

モグワン カナガン
対応月齢 生後2ヶ月~ 生後2ヶ月~
対応犬種 全犬種 全犬種

次に、モグワンとカナガンが生後いつから与えられるのか?という対応月齢と対応犬種について比較してみたところ、こちらも全く同じということがわかりました。

どっちのドッグフードも子犬・成犬・老犬まで全てのステージで与えることができますし、犬種を気にせず与えられるのは嬉しいですね!

ですが、先程の栄養素の栄養成分での比較でもお伝えしたようにモグワンよりカナガンの方がタンパク質・脂質・カロリーが高くなっているので、運動量の少ない子や高齢の子の場合カロリー過多になり肥満になってしまう可能性もあります。

オリオン
オリオン
どっちのドッグフードも安全な高品質のドッグフードだけど、愛犬の年齢・活動量の変化に併せてその時に最適なドッグフードを選ぶことが大切だね!

⑥粒の大きさ・形状・硬さでの比較

次に、モグワンとカナガンのフードの大きさ・形状・硬さを比較していきます。

モグワン カナガン
粒の大きさ 直径約0.8mm~10mm 直径約0.8mm~10mm
粒の厚さ 約0.5mm 約0.5mm
形状 ドーナツ型 ドーナツ型
硬さ 堅すぎない 堅すぎない

モグワンとカナガン 大きさ今回もどっちも同じ大きさ・厚さ・形状・硬さとなっていますね。

モグワンとカナガン 100gこちらの画像は、モグワンとカナガンをそれぞれ100gずつ同じ器に入れたものです。どっちも大きさに少しばらつきはあるものの大きな違いは見られませんね。

モグワンとカナガン 割った所また、指で割って硬さも比較してみた所どっちも同じくらいの硬さですが、カナガンの方が若干硬いかな?というくらいの違いでした。

オリオンママ
オリオンママ
真ん中に穴が開いている形状からも子犬や老犬が食べる場合にも問題なく食べることができますが、どちらかというと堅すぎないモグワンの方が食べやすそうですね。

⑦匂い・食いつき・色の比較

モグワン カナガン
匂い 魚系の匂い 肉系の匂い
食いつき
焦げ茶色 より濃い焦げ茶色

今度はモグワンとカナガンの匂い・食いつき・色の違いを比較してみたところ、それぞれに違いが見つかったので詳しく解説していきますね。

違い①モグワンは魚系、カナガンは肉系の匂い

モグワンは、チキン&サーモンを原材料として使用しているので、魚系の出汁のようなふんわり香るにおいがします。とは言え、決して生臭い訳ではなく美味しそうな良い香りがします。

カナガンはチキン100%で作られているので、動物系のやや強いにおいがします。こちらも異臭という訳ではなく、お肉が大好きなワンちゃんには食欲をそそる良い香りです。

オリオン
オリオン
どっちのドッグフードも食いつきの良さに着目して開発された商品だから、食欲を刺激する強めの良い香りなんだね!

違い②食いつきの良さ

一般的なドッグフードにはモグワンのように魚が使われていることは少ないので、今まで与えてきたドッグフードの原材料が肉の場合はカナガンのニオイの方が食いつきが良いかもしれませんね。

実際に我が家の愛犬に両方与えてみましたが、どっちも食いつきの良さは変わらずペロリと完食したので、モグワンもカナガンも食いつきの良さでは甲乙つけがたい評価です。

オリオンママ
オリオンママ
ただ、食が細い子・食べムラがある子にはカナガンの方が適していると思いますが、いくら喜んで食べてくれるからと言って規定量以上与えてしまうとお腹を壊したり、肥満の原因にもなるので注意が必要ですよ。

違い③色

モグワンとカナガン 色モグワンもカナガンも大きさや形状はほぼ一緒なのですが、色はモグワンの方が若干薄い焦げ茶色でカナガンは濃い焦げ茶色になっています。

これは原材料がモグワンはチキン&サーモン、カナガンはチキンのみで製造されることに由来するものなので、色の違いでどっちがいい!と判断するポイントではありません。

オリオン
オリオン
モグワンの色のほうが若干薄くて、白いツブツブのようなものが見えるけれど、これは素材の違いによるものだよ!

⑧涙やけへの効果の比較

涙やけの犬次に、多くの方が悩まれている愛犬の「涙やけ」への効果をネット上の口コミからモグワン・カナガンで比較してみました。

モグワン カナガン
涙やけへの効果

モグワンもカナガンも「涙やけへの効果はあった!」という意見が多く見られましたが、一方でモグワンでもカナガンでも「涙やけは改善されなかった」という声も見受けられました。

このように「効果があった/効果がなかった」と口コミが真っ二つに割れている理由は、実は涙やけの原因には大きく分けて2つの原因があるからです。

涙やけの原因①添加物・質の悪いドッグフードによるもの

まず、犬の涙やけの原因の1つとしてドッグフードやおやつに含まれている本来不要な添加物や質の悪いドッグフードを食べているこが挙られます。

添加物・質の悪いタンパク質など粗悪な食材は体内に吸収することが出来ず老廃物となってしまいます。

老廃物は本来便として排出されるのですが、排出されきらなかった老廃物が「鼻涙管」を詰まらせてしまうことによって、涙やけの原因となってしまうのです。

つまり、モグワン・カナガンのような無添加で良質なタンパク質を原材料としてたっぷり使用したドッグフードを与えることで、老廃物が溜まりにくくなる→涙やけの改善効果が期待できる!というわけですね。

オリオンママ
オリオンママ
また、モグワン・カナガン共にグレインフリーなので、アレルギーを引き起こす心配がないのも涙やけへの対策として優れていますね!

涙やけの原因②瞼内反症・鼻涙管閉塞などの病気によるもの

2つ目の犬の涙やけの原因として、瞼内反症・鼻涙管閉塞など目の病気により涙が大量に流れ出てしまい結果的に涙やけを起こしてしまうものがあります。

この場合は先程お話した体内で溜まった老廃物が原因ではなく、そもそも目の直接的な治療が必要な病気となるので、モグワンやカナガンのような高品質のドッグフードを与えていくら老廃物の排出を抑えても涙やけへの効果は期待できませんので、病院でしっかり治療するようにしてくださいね。

オリオン
オリオン
モグワン・カナガンで涙やけが良くなった!というワンちゃんは、食べ物が原因だった子達ということだね!

⑨販売会社・製造元の比較

モグワン カナガン
ンサムネイル カナガンサムネイル
販売会社 (株)レティシアン
原産国 イギリス
生産元 GAペットフード・パートナーズ社
開発者 レティシアンとカナガンスタッフの共同開発 元ペットショップオーナー
エディ氏
販売国 日本・韓国・香港・インドネシア イギリス・日本を含む世界37ヶ国

今度は、モグワンとカナガンの販売会社・製造元等の製品を取り扱う部分について比較してみたところ、モグワンとカナガンの販売会社・原産国・生産元は全く同じということがわかりました。

どっちもイギリスのFEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)の基準をクリアした工場で製造され、日本企業であるレシティアンが輸入販売を行っています。

オリオン
オリオン
それなら、モグワンとカナガンはぼぼ同じということ?と思われるかもしれませんが、大きな違いは開発者が異なるというところにあるんだよ!

日本に住む犬にニーズを合わせて開発されたのがモグワン

まず、カナガンの開発者から紹介するとイギリスの元ペットショップオーナーのエディさんが「本当に良いドッグフードを作りたい」という信念のもとに開発し、カナガンとして世界各国で販売されるようになりました。

次にモグワンの開発者ですが人物ではなく、輸入販売会社であるレシティアンが日本で販売する高品質なドッグフードを開発したい!とカナガンに相談して開発されました。

つまり、モグワンは販売会社であるレシティアンとカナガンによって共同開発された商品!ということになりますね。

オリオンママ
オリオンママ
だからこそ、モグワンにはチキンだけでなくサーモンも原材料として使われ、より日本で生活する犬に合ったレシピで作られているんですよ。

⑩コスパ・最安値の比較

モグワン カナガン
ンサムネイル カナガンサムネイル
お試し 100円 100円
通常価格 3,960円 4,280円
内容量 1.8kg 2.0kg
100gあたりの値段 220円 214円

次にドッグフードを決めるにあたってとても重要なコスパについて比較してみたところ、カナガンの方がお値段そのものは高いですが、内容量もモグワンより多く2.0kg入りとなっています。

コスパで見るとカナガンがお得!

100gあたりの値段に換算してみると、モグワンが220円なのに対してカナガンが214円と若干ではありますが、お値段は安くなるので、コスパがいいのはカナガンということがわかりました。

オリオン
オリオン
100gあたりの金額は僅差でも、毎日愛犬に与えるものなので長い目で見るとカナガンの方がお得!ということになるね!

定期コースで見る最安値の違い

モグワン カナガン
ンサムネイル カナガンサムネイル
お試し 100円 100円
1袋定期の場合 3,560円
(10%OFF)
3,852円
(10%OFF)
2袋定期の場合
(1袋の値段)
3,366円
(15%OFF)
3,638円
(15%OFF)
6袋定期の場合
(1袋の値段)
3,168円
(20%OFF)
3,424円
(20%OFF)
都度購入の場合 3,960円 4,280円
送料 640円 640円
送料無料ライン まとめて3個以上
(10,000円以上)
まとめて3個以上
(10,000円以上)

最後にモグワンとカナガンの最安値を比較して見てみました。モグワンとカナガンの公式サイトには、それぞれ通常購入よりお得に購入できる定期購入コースが用意されています。

オリオンママ
オリオンママ
モグワンもカナガンも同じ販売会社が取り扱っているので割引価格・送料無料ラインも同じになっていますね。

定期コースを100gあたりの金額にしてみるとどっちも僅差!

モグワンの方が通常価格が安いので、一見最安値はモグワンのように見えますが、モグワンはカナガンより内容量が200g少ないので100gあたりの金額を一覧にしてみると…

モグワン カナガン
1袋定期の場合
(100gあたり)
3,560円
(197円)
3,852円
(192円)
2袋定期の場合
(100gあたり)
3,366円
(187円)
3,638円
(181円)
6袋定期の場合
(100gあたり)
3,168円
(176円)
3,424円
(171円)
都度購入の場合
(100gあたり)
3,960円
(220円)
4,280円
(214円)

このように、若干ではありますがモグワンよりカナガンの方が100gあたりの金額は安くなるので、最安値は「カナガンを定期コースで購入する」ということになりますね。

ただし、モグワンも定期コースを上手に使うことでカナガンの最安値とほぼ同じ金額で購入することができますよ。

ここまでお伝えしてきたようにカナガンはモグワンよりカロリーと脂質量が多いことや、アレルゲンの原因となる食材を含んでいるなどメリット・デメリットがあることもわかりましたね。

オリオン
オリオン
価格だけではなく、本当に愛犬の体に合うドッグフードを選んであげてね!

\今なら最大20%OFFで購入可能♪/
モグワンドッグフードの公式サイトはこちら

カナガンドッグフードの公式サイトはこちら

<番外編>パッケージの違いを比較!

モグワンとカナガン パッケージ品質や安全性には関わらないので<番外編>としましたが、モグワンとカナガンではパッケージ(ジッパー)も異なります。

画像のように、モグワンのジッパーはマジックテープのようなタイプのジッパーで開け閉めがとてもしやすく、きっちり密封できるタイプです。

一方カナガンのジッパーは、よくある食品保存用のジッパーで端から端までパチパチ閉めなければ隙間が空いてしまうタイプです。

たかがジッパーの違いですが、モグワンのジッパーは今まで見たことのないタイプのジッパーで開け締めがとても楽で高性能なことから、モグワンのジッパーの方が扱いやすいですね。

オリオンママ
オリオンママ
ただ、パッケージそのものはモグワンもカナガンも遮光性に優れたアルミ素材を使用しているので保存性にも優れていますよ。

モグワンか、カナガンか?どっちがいいか迷っている人へ。おすすめしたいのはこんなワンちゃん!

今回の記事ではモグワンとカナガンを当サイトの10個の視点から比較し、それぞれについて詳しく解説してきました。

その結果、どっちも高品質で愛犬に安心して与えることができるドッグフードであることがわかりましたよね。

オリオンママ
オリオンママ
ですが、まだモグワンか、カナガンか?どっちがいいんだろう?と迷っている飼い主さんへ、判断基準をまとめていきます。

モグワンがおすすめのワンちゃん

モグワンは日本で暮らすワンちゃんのためにレシティアンとカナガンが共同開発した高品質のドッグフードです。

カナガンとの大きな違いは、低カロリー・低脂質という部分にあるので、

  • 運動量はそれほど多くない犬
  • 成長期は過ぎている成犬
  • 妊娠期・授乳期ではない犬
  • 運動量が少なくなってきたシニア犬
  • 肥満が気になる犬

モグワンはこのようなワンちゃんにおすすめしたいドッグフードです。

カナガンがおすすめのワンちゃん

カナガンは世界中で人気の高品質なドッグフードで、モグワンに比べて高カロリー・高脂肪な部分に違いがあります。

  • 活発で運動量の多い犬
  • 成長が盛んな子犬期
  • 妊娠・授乳期の犬
  • 食が細い犬
  • 体重を増やして体力をつけさせたい犬

カナガンはこのようなワンちゃんにおすすめしたいドッグフードです。

日本で暮らす犬に合うのは断然モグワン!

ここまでご紹介してきたように、モグワンとカナガンは似ている部分が多いドッグフードなのでどっちがいいのか?と迷う人がとても多いのも納得できます。

最終的にどっちにしようか?と迷った場合は、当サイトとしても総合評価の高かったモグワンをお勧めします。

カナガンは世界的に人気の名実ともに優れたドッグフードではありますが、モグワンは日本の販売会社のレシティアンとカナガンが日本向けに共同開発された、日本で暮らす犬のニーズに合ったドッグフードである!ということが一番のおすすめポイントになります。

実際に両方愛犬に与えてみて反応を見て決めるのも◎

モグワンはチキン&サーモンが使われていてオメガ3も豊富な低カロリー・低脂肪のドッグフードなことから、日本でくらす愛犬にはまさにぴったりのドッグフード。

もちろんお肉好きで運動量の多いワンちゃんにはカナガンの方が合っている場合も多々あるので、どっちがいいのか?は当記事の比較対象と合わせて実際に愛犬に与えてみたときの反応を見ながら決めるのが良いですね!

オリオン
オリオン
迷ったら両方お試ししてみて、交互に与えてみるのもおすすめだよ!

\今なら最大20%OFFで購入可能♪/
モグワンドッグフードの公式サイトはこちら

カナガンドッグフードの公式サイトはこちら

怪しい?モグワンとカナガンの口コミ評判は?

モグワンとカナガンの口コミここではモグワンとカナガンのネット上の口コミ・評判を悪評・中立的な口コミ・良かった口コミをそれぞれまとめてご紹介していきます。

モグワン口コミ・評判

モグワンのネット上での悪評①

愛犬の年齢/犬種 愛犬の悩み 評価
ボーダーコリー/1歳 食が細い

私の家の犬はボーダーコリーなのですが、やせ型で「あまり食事」がすすみません。そこで食いつきの良さで評判の高いモグワンを試してみましたが、「食いつき」の面でよい結果を得ることはできませんでした。

モグワンのネット上での悪評②

愛犬の年齢/犬種 愛犬の悩み 評価
シーズー/8歳 食べない

愛犬がシニアになってきて食が細くフードを出しても食べないことが続きました。これではまずいと思いネットで食いつきの評判が良いモグワンを購入してみましたが、我が家の子は最初の1週間は夢中で食べましたがその後また徐々に食べなくなり、今は別のフードを与えています。

モグワンのネット上での中立的な口コミ①

愛犬の年齢/犬種 愛犬の悩み 評価
フレンチブルドック/3歳 飽き性

愛犬がとにかく飽き性で、同じドッグフードをあげ続けると全く食べなくなってしまうのでいろいろなフードを購入していました。モグワンも食いつきが良いという口コミを見て購入したのですが、食いつきの良さは一時的でした。

モグワンのネット上での中立的な口コミ

愛犬の年齢/犬種 愛犬の悩み 評価
ミニチュアシュナウザー/5歳 食いつき

毎年季節のかわり目に食が細くなり食いつきが悪くなることから、少しでも趣向性が高いドッグフードを与えてみよう!とネットで調べてモグワンを購入しました。実際に食いつきの良さは最初はすごかったのですが、しばらくするとまたいつも通りに落ち着きました。やはり慣れがでてきてしまうのは仕方がないですが、時々おやつとして与えると喜んで食べててくれているので良しとします。

モグワンのネット上での良い口コミ①

愛犬の年齢/犬種 愛犬の悩み 評価
コーギー/9歳 アレルギー

飼い主目線の感想は、第一にフードがベタ付かないことが助かります。ベタ付いてしまうものだと、お皿を洗うのが大変だったり愛犬がこぼした時の床の掃除が大変でした。しかし、モグワンドックフードはサラサラしているのでストレスがなくなりました。

モグワンのネット上での良い口コミ②

愛犬の年齢/犬種 愛犬の悩み 評価
ビーグル/2歳 飽き性

愛犬がとにかく飽き性で、同じドッグフードをあげ続けると全く食べなくなってしまうのでいろいろなフードを購入していました。においがしっかりするものの食いつきがよかったので病院で相談したところモグワンドッグフードが食いつきが良いというので購入してみました。実際に飽きずにモリモリ食べてくれていて助かっています。

モグワンのネット上での良い口コミ②

愛犬の年齢/犬種 愛犬の悩み 評価
シェルティ/5歳 下痢

我が家の愛犬は吐き戻しが多く便がゆるくなりやすい子だったのですがモグワンを与えてから全くと言っていいほどなくなりました。身体の中に入っていくもので、これほど健康状態が改善されるのかと感動しました。

カナガンの口コミ・評判

カナガンのネット上での悪評①

愛犬の年齢/犬種 愛犬の悩み 評価
チワワ/2歳 食べない

結果論でいきますと、カナガンを与えても「食がすすむ」といった解決にはいたりませんでした。その後、半ウエット状態のものを引用し、何とか食がすすんできた状態になりました。イナバ食品の「チュール」などを試した際に、そちらも好んでたべるようになりました。

カナガンのネット上での悪評②

愛犬の年齢/犬種 愛犬の悩み 評価
コッカースパニエル/4歳 食べムラ

最初は強烈な匂いで食いつきが良かったのですが1週間たってすぐに飽きて食べなくなってしまいました。お湯でふやかしたり、少しレンジでちんしてにおいを強くしたものをあげるとしかたなく食べるという感じで、次は別のものにしようと思っています。

カナガンのネット上での中立的な口コミ①

愛犬の年齢/犬種 愛犬の悩み 評価
柴犬 特になし

愛犬のために原材料にこだわったドックフードに切り替えようと思っていた時、カナガンドックフードを与えていた知り合いにおすすめしていただきました。人間も食べることができるほどメインのチキンに力を入れていて、低炭水化物や添加物や原料にこだわっているメーカーさんです。良いものを使用して作られている割にはお求め安い価格で販売されていて助かっています。

カナガンのネット上での中立的な口コミ②

愛犬の年齢/犬種 愛犬の悩み 評価
ヨーキー 食べむら

ドッグフードの食べムラがひどく喜んで食べてくれる物を探していたところ、カナガンドッグフードの広告を目にしました。うちの子はチキン好きなのですが、このフードはチキンの香りが強いとのことで、おいしく食べてくれそうだと感じました。グレインフリーで香料や保存料なども使用されておらず体に良さそうだったのと、定期コースにすると安くなるという点にも惹かれて注文してみることにしました。

カナガンのネット上での良い口コミ①

愛犬の年齢/犬種 愛犬の悩み 評価
トイプードル/3歳 食べむら

うちの子は食べむらがひどく、あの手この手を尽くしましたし獣医に相談しても、「食べないなら待つ」といった対応でした。ネット等の口コミをみて、「カナガン」の口コミがよいことからチャレンジした所食いつきの良さが抜群で食べむらもなくなり、もう1年以上継続して食べてくれていて助かっています。

カナガンのネット上での良い口コミ②

愛犬の年齢/犬種 愛犬の悩み 評価
マルプー/5歳 食いつき

強いチキンの香りのおかげか、最初はとても食いつきが良かったです。他のフードに比べると食いつきはマシになったので、そのまま購入し続けることにしました。毛艶が以前よりも良くなったような気もしています。

オリオン
オリオン
実際にモグワンとカナガンを愛犬に与えたことがある人からの口コミ・評判だから参考にしてね!

\今なら最大20%OFFで購入可能♪/
モグワンドッグフードの公式サイトはこちら

カナガンドッグフードの公式サイトはこちら

モグワンとカナガンを混ぜるのは問題ない?

モグワンとカナガンを混ぜた所モグワンとカナガン、どっちがいいのか散々迷って両方購入した!という方も多いですよね。

我が家も愛犬がどっちの方がくいつきがいいのか?実際に試すために同時にモグワンとカナガンを購入したので、混ぜるのは問題ないかな?と思う気持ちはよくわかります。

オリオンママ
オリオンママ
そこで、どっちも高品質なヒューマングレードのドッグフードであるモグワンとカナガンを混ぜるのは問題ないのか?混ぜる時の注意点についてご紹介していきますね。

結論:モグワンとカナガンを混ぜるのはOK!

結論からお伝えすると、モグワンとカナガンを混ぜて愛犬に与えても特に問題はありません。

そもそもモグワンもカナガンも無添加・グレインフリーという面も共通している高グレードのドッグフードなので、混ぜることで栄養価が悪くなるような心配はありません。

ただ、敢えてモグワンとカナガンを混ぜる必要もないくらい、どっちも成分・品質・栄養価には問題がないドッグフードですので、どちらかの食いつきが悪くなった時以外は混ぜる必要はないと思います。

オリオン
オリオン
どちらかをトッピングとして与える場合は、給餌量がオーバーしないように注意してね!

モグワンとカナガンを混ぜるメリット

モグワンとカナガンは成分・栄養素もとても似ている高品質のドッグフードですが、この2つのドッグフードを混ぜるメリットとしては双方に足りない栄養素を補える!ということになります。

例えば、モグワンの原材料はチキンだけでなくサーモンも使われていますが、カナガンはチキンだけで作られています。

カナガンにモグワンの原材料のサーモンに含まれる栄養素をプラスしたい!そんな時は、モグワンとカナガンを混ぜることでそれぞれに足りない栄養素を補うことができますね。

オリオンママ
オリオンママ
でも、モグワンとカナガンを混ぜる時に注意したいこともあるので次の項目も読んで下さいね。

モグワンとカナガンを混ぜる時の注意点

モグワンとカナガンを混ぜることは特に問題ない、と最初にお伝えしましたが注意して欲しいのは「両方のドッグフードを個別に先に与えること!」です。

その理由として、いきなりモグワンとカナガンを混ぜて与えた時にアレルギーや嘔吐・下痢の症状が出てしまった場合、どっちのドッグフードに原因があるのかを突き止めることができないからです。

なので、モグワンとカナガンを混ぜる前に必ず1商品ずつ最低1週間与えてみて、アレルギーや嘔吐・下痢などのトラブルが起きないことを確認した上で混ぜるようにしてくださいね。

オリオン
オリオン
モグワンとカナガン、迷ったら両方購入してどっちも問題なく食べられることが確認できたら、時々2つを混ぜて味変するのもいいね!

\今なら最大20%OFFで購入可能♪/
モグワンドッグフードの公式サイトはこちら

カナガンドッグフードの公式サイトはこちら