モグワン

モグワンとこのこのごはんを10個の項目で比較!どっちがいいのか徹底検証

高品質のプレミアムドッグフードとして人気が高いモグワンとこのこのごはん。どっちを選べばいいのか迷っている人も多いですよね。

どちらもこだわり抜いた良質な原材料を使っい、栄養バランスの整った安心・安全なドッグフードなので「どっちにしようか…」と購入前に悩んでしまうのもうなずけます

オリオンママ
オリオンママ
そこで、モグワンとこのこのごはんの2つのドッグフードを原材料・成分・コスパなど10個の項目で徹底的に比較しましたので、選ぶ時の参考にしてくださいね。

\今なら最大20%OFFで購入可能♪/
モグワンドッグフードの公式サイトはこちら

【総合評価】当サイトで比較したところ、総合評価が高いのはモグワンドッグフードに決まり!

今回当サイト独自の10個の項目でモグワンとこのこのごはんを比較したものを表にまとめた所、総合的な評価が高いのはモグワンドッグフードということになりました!

モグワン このこのごはん
ンサムネイル このこのごはん
原材料 チキン&サーモン
チキンのみ
栄養成分 バランスの良い配合
高タンパクの配合
カロリー・脂質 低カロリー・低脂質
高カロリー・高脂質
安全性の高さ グレイン・グルテンフリー
グルテンフリー
対応犬種・対応月齢 生後2ヶ月~
全犬種対応
生後2ヶ月~
全犬種対応
粒の大きさ・形状・硬さ 直径約0.8mm~10mm
(堅すぎない)

直径約0.8mm~10mm
(やや硬い)

匂い・食いつき・色 魚系の匂い
肉系の匂い
涙やけへの効果 食べ物が原因の場合効果が期待できる

食べ物が原因の場合効果が期待できる

販売会社・製造元の比較 高グレード

高グレード
コスパ・最安値の比較 100gあたりの最安値:176円

100gあたりの最安値:171円

モグワンはイギリスのFEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)の基準をクリア、このこのご飯は国内のGMP認定工場で作られている、高グレードの安心して与えられるドッグフードですが、2つを比較した所若干ですが数値的にモグワンが上回りました。

ですが、ドッグフードを選ぶ時は生活環境をはじめとして、年齢・体質などを見ながら愛犬に合うものを総合的に判断していくのが望ましいので、今回の比較ポイントを参考にして行ってくださいね。

オリオン
オリオン
それでは、ここからモグワンとこのこのごはんの10の比較項目の詳細をご紹介していくよ!

\今なら最大20%OFFで購入可能♪/

どっちが良い?モグワンとこのこのごはんの違いを10個の項目で比較!

モグワンとこのこのごはんモグワンとこのこのごはんのどっちが良いのかを探るために、2つの違いを以下の10個の項目ごとに詳しく比較していきます。

①原材料での比較
②栄養成分での比較
③安全性の高さでの比較
④対応月齢・対応犬種での比較
⑤粒の大きさでの比較
⑥カロリー・脂質量での比較
⑦匂い・食いつき・色の比較
⑧涙やけへの効果の比較
⑨販売会社・開発者での比較
⑩コスパ・最安値での比較
<番外編>パッケージでの比較

オリオンママ
オリオンママ
モグワンとこのこのごはん、高品質で人気のドッグフードを10の項目で詳しく比較していきます

\今なら最大20%OFFで購入可能♪/

 

①原材料の比較

モグワン このこのごはん 原材料
モグワン このこのごはん
ンサムネイル このこのごはん
主な原材料
(肉類)
チキン&サーモン56.5%(チキン生肉21%、乾燥チキン12%、乾燥サーモン7.5%、チキングレイビー2%、) 鶏肉(ささみ、レバー)、鹿肉
主な原材料
(魚類)
生サーモン12%、
サーモンオイル2%
まぐろ、鰹節、わかめ、昆布、
その他の原材料 サツマイモ、エンドウ豆、レンズ豆、ヒヨコ豆、ビール酵母、アルファルファ、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、グランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、セイヨウタンポポ、トマト、ショウガ、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、メチルするファニルメタン(MSM)、コンドロイチン、ミネラル類(亜鉛・鉄・マンガン・ヨウ素)、ビタミン類(A・D3・E)乳酸菌 玄米、大麦、ビール酵母、米油、乾燥卵黄、青パパイヤ末、モリンガ、さつまいも、乳酸菌、セレン酵母、L-トレオニン、ミネラル類(牛骨末焼成カルシウム、卵殻未焼成カルシウム、塩化ナトリウム、塩化カリウム、グルコン酸亜鉛、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンB2、ビタミンB12、パントンテン酸カルシウム)
添加物・香料など  なし なし
栄養価 チキンだけでなくサーモンも入っているので食いつきの良さ抜群!グレイン・グルテンフリーで消化を助けアレルギーを避けられる。 鶏肉は生肉を使用しているとのことですが含有量の表記なし。グルテンフリーで消化を助けアレルギーを避けられる。

モグワンとこのこのごはんの原材料を比較して分かったことは、どっちも愛犬の健康を考え抜かれた、ヒューマングレードの高品質のドッグフードであるということです。

ただ、よく比較して見るとモグワンとこのこのごはんに使用されている原材料に違いが6つ見つかったので詳しく解説していきますね。

違い①モグワンには動物性原料配合量の記載がある

モグワンとこのこのごはんはどっちも高タンパクな良質のドッグフードですが、モグワンは動物性原料の記載があるのに対して、このこのごはんには原料名の記載しかありません。

モグワン:チキン&サーモン56.5%(チキン生肉21%、乾燥チキン12%、乾燥サーモン7.5%、チキングレイビー2%、)

このこのごはん:鶏肉(ささみ、レバー)、鹿肉

上記のように、モグワンにはどれくらいの量のチキン&サーモンが配合されているのかの詳細がわかるのですが、このこのごはんには残念ながら配合量の詳細が記載されていないので、どれだけの量使われているのかが不明です。

オリオン
オリオン
モグワンは原材料名の表示だけでなく、配合量のパーセンテージも記載してくれていて安心だね!

違い②モグワンには若々しさをココナッツオイルも使用!

このこのごはんに使われている油脂類は米油のみですが、がモグワンにはサーモンオイルとココナッツオイルの2種類の動物性・植物性の両方の油脂が使用されています。

ココナッツオイルは中鎖脂肪酸の一種で吸収分解が早く素早くエネルギーに変わる特性があり、活発なワンちゃんには嬉しい健康的なオイルなんですよ。

オリオンママ
オリオンママ
その他にも被毛の美しさを保ったり、皮膚を保護するなど様々な効果が期待できる話題のオイルなんですよ。

違い③このこのごはんはグレインフリーではない

モグワンはグレイン・グルテンフリーなのに対して、このこのご飯は玄米が使われているのでグレイン(穀物)フリーではありません。

愛犬にグレインフリーがおすすめの理由

犬にとって穀物は消化吸収がされにくい食材なので、犬に与え過ぎないほうが良いとされています。また、穀物アレルギーが引き起こされる可能性もあります。

オリオン
オリオン
全ての犬が穀物でアレルギー症状を引き起こす可能性があるわけではなけれど、もし穀物アレルギーの可能性を心配するのであればこのこのごはんは避けた方が無難だね!

違い④モグワンには関節サポート成分が含まれている

モグワンには関節ケア成分としてグルコサミン・コンドロイチンが配合されているので、関節ケアが気になる子やシニア犬には嬉しいですね。

モグワン このこのごはん
グルコサミン 180mg/kg なし
コンドロイチン 125/kg なし

グルコサミンとコンドロイチンは、関節の保水性を高めて弾力性を強化し、関節の健康維持をサポートしてくれる成分です。

オリオンママ
オリオンママ
関節ケア成分が気になる飼い主さんや、老犬にはモグワンの方がおすすめということですね!

違い⑤モグワンには乳酸菌が使われている

モグワンには腸内環境を整える乳酸菌が配合されていますが、このこのごはんには腸内環境を整える働きの成分は含まれていません。

モグワン このこのごはん
乳酸菌 あり なし

乳酸菌には善玉菌を増やして腸内環境を整える働きがあるので、便秘・下痢の症状を改善する効果が期待できる成分です。

オリオン
オリオン
人間も乳酸菌を摂取して免疫力を向上できるように、愛犬も乳酸菌を摂取することで免疫力が上がってバリア機能が高まるメリットもあるね!

違い⑥このこのごはんの原材料は国産品

モグワンはイギリスで製造されていて海外産の原材料が使用されているのに対して、このこのごはんは国産の原材料を使って国内の工場で製造されています。

モグワン このこのごはん
原材料の産地 海外(諸外国) 日本
生産工場 イギリス 日本

海外製品だからといってモグワンもヒューマングレードの高品質の原材料で作られているので安全性に問題はないものの「国産品」にこだわりたい!という飼い主さんには、このこのごはんがおすすめです。

オリオンママ
オリオンママ
このこのごはんは価格もモグワンより高価なのは、国産のこだわった原材料を使っているということになりますね。

②栄養成分の比較

モグワン このこのごはん 成分次に、モグワンとこのこのごはんの栄養成分の違いを日本ペットフード協会が定めた栄養基準(AAFCO)と比較してみました。

モグワン このこのごはん AAFCOの成犬用基準
タンパク質 27% 22.8% 18.0%以上
脂質 10% 8.2% 5.5%以上
繊維 4.75%  0.7%
灰分 9.5% 5.1%
水分 9%
10.0%
炭水化物 38.5%
オメガ6脂肪酸 1.63%
2.27% 1.1%以上
オメガ3脂肪酸 1,18 0.32%
リン 1% 1.06% 0.5~1.6%
マグネシウム 0.17% 0.14%
ナトリウム 0.29% 0.36%
カルシウム 1.4% 0.36% 0.5~1.8%
カリウム 1.05% 0.97%

カロリー

(100gあたり)

361.5lkcal 343kcal

おすすめポイント

食いつきの良さ、手作り品質のフード、チキン&サーモンを贅沢に使用 低カロリーなのでダイエットにも。小型犬の健康維持にこだわって製造

モグワン・このこのごはんの栄養素とAAFCOの成犬基準値を比較してみたところ、どっちも全ての成分が基準値以上となっていて、愛犬に安心して与えられるドッグフードであるることがわかりました。

オリオンママ
オリオンママ
とは言え、モグワンとこのこのごはんの栄養価の違いを比較すると異なる部分が2つ見つかったので、詳しく解説していきますね。

違い①タンパク質量の違い

チキン&サーモンを原材料として作られたモグワンのタンパク質量が27%に対して、鶏肉(ささみ・レバー)・マグロで作られたこのこのごはんのタンパク質量は21.3%となっています。

モグワン このこのごはん
タンパク質 27%以上 21.3%以上

このこのごはんは肉類をどれだけ使っているかの表示がないので使用量が不明ですが、モグワンはチキン&サーモンを56.5%配合して作られている高タンパク質のドッグフードということになりますね。

オリオン
オリオン
活動量の多いワンちゃんや、成長期の子犬・妊娠授乳期の母犬には高タンパクなモグワンの方が適しているということだね!

違い②:オメガ3&オメガ6脂肪酸の量

モグワンとこのこのごはんには、血液をサラサラにして代謝を良くし、被毛や皮膚を健康に保つ効果のあるオメガ3&オメガ6脂肪酸の含有量の数値に違いがあります。

モグワン このこのごはん
オメガ3脂肪酸 1,18 0.32%
オメガ6脂肪酸 1.63% 2.27%

モグワンは原材料にサーモン・サーモンオイルを贅沢に使用しているので、このこのごはんよりオメガ3の含有量が多くなっていますが、オメガ6の含有量はこのこのごはんの方が多いことがわかりますね。

オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸はバランス良く摂取することで健康維持効果が得られるので、一概にどちらの量が多ければいい!とはいえないものです。

オリオンママ
オリオンママ
ですが、愛犬の健康と美しさの維持に役立つと言われているオメガ3脂肪酸が多いモグワンが考えるのなら適していますよ。

③カロリー・脂質量での比較

モグワン このこのごはん
100gあたりの
カロリー
361.5kcal 343kcal
脂質量 10% 8.2%

今度はモグワンとこのこのごはんのカロリーと脂質量を比較してみたところ、カロリー・脂質量ともにモグワンの数値が高いことがわかりました。

これは、モグワンの原材料にチキン&サーモンも使われていることから、カロリー・脂質量ともにこのこのごはんより高いということですね。

オリオン
オリオン
また、脂質量もモグワンが10%なのに対してこのこのごはんは8.2%と低い数値になっていることから、ヘルシーなドッグフードを選びたいならこのこのごはんだね!

④安全性の高さでの比較

次に、モグワンとこのこのごはんの食材品質から生産工場までの詳細を比較し、安全性の高さをチェックしていきます。

モグワン このこのごはん
食材品質 ヒューマングレード ヒューマングレード
穀物の使用 グルテン・グレインフリー グルテンフリー
香料・着色料
合成保存料
無添加 無添加
遺伝子組み換え・副産物食品 不使用 不使用
生産工場 FEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)の基準をクリア 有機JAS認証、ISO22005認証、HACCP認証の工場
トレーサビリティ 製造ロット番号で管理 不明

モグワンとこのこのごはんの安全性を比較したところ、一番大きな違いは先程もお伝えしたように、グレインフリーかどうか?の違いとなります。

モグワン:グルテン&グレインフリー
このこのごはん:グルテンフリー

モグワンは原材料に穀物・小麦不使用なのに対して、このこのごはんには原材料に玄米が使われているので、グレインフリーではありません。

ですが、どっちのドッグフードも、肉・魚・野菜などの原材料は全て人間用の食品工場から仕入れられたヒューマングレードの品質であることには変わりはないですよ。

オリオンママ
オリオンママ
グレインフリーにこだわりがある飼い主さんは、モグワンを選ぶといいですね!

⑤対応犬種・対応月齢での比較

モグワン このこのごはん
対応月齢 生後2ヶ月~ 生後6週目~
対応犬種 全犬種 全犬種ですが特に小型犬におすすめ

次に、モグワンとこのこのごはんが生後いつから与えられるのか?という対応月齢と対応犬種について比較してみたところ、このこのごはんは生後6週目と比較的早い段階の子犬に与えられることがわかりました。

一般的に子犬は生後60日頃を過ぎると乳歯も生え揃ってくるのですが、生後6週目ですとまだカリカリの状態で食べることはできないので、水でふやかして与えるといいですね。

また、対応犬種はモグワンもこのこのごはんも「全犬種」となっていますが、このこのごはんの公式サイトには「小型犬の健康維持をサポートする総合栄養食ドッグフード」との記載があるので、小型犬向きのドッグフードという位置づけになります。

このこのごはんは小型犬向きのドッグフードだからこそ、タンパク質・脂質量・カロリー共に低く設計されているのですが、小型犬であっても運動量が多い子やカロリーが必要な子犬・妊娠・授乳期の母犬にはモグワンの方が合っていますね。

オリオン
オリオン
モグワンには「小型犬の…」という表示こそないけれど、タンパク質・脂質等の栄養素が含まれているから、愛犬の運動量を見ながら選ぶのも1つの手だね!

⑥粒の大きさ・形状・硬さでの比較

次に、モグワンとこのこのごはんのフードの大きさ・形状・硬さを比較していきます。

モグワン このこのごはん
粒の大きさ 直径約0.8mm~10mm 直径約0.7mm~0.8mm
粒の厚さ 約0.5mm 約0.3mm
形状 ドーナツ型 円型
硬さ 堅すぎない 堅すぎない

モグワンとこのこのごはん 大きさモグワンとこのこのごはんの粒の大きさを並べて比較してみると、モグワンの方が一回りくらい大きいのがわかりますね。このこのごはんは小型犬や幼犬でも食べやすい大きさになっています。

モグワンとカナガン 100gこちらの画像は、モグワンとこのこのごはんをそれぞれ100gずつ同じ器に入れたものです。大きさ・形状も違うことから、モグワンの方の量が多そうに見えますね。

モグワンとこのこのごはん 硬さまた、指で割って硬さも比較してみた所どっちも同じくらいの硬さですが、モグワンは中央に穴が開いているドーナツ状なので噛み砕きやすさはモグワンの方が上ですね。

オリオンママ
オリオンママ
噛む力の弱い幼犬・シニア犬には真ん中に穴が空いていて噛みやすいモグワンが食べやすいですね。

⑦匂い・食いつき・色の比較

モグワン このこのごはん
匂い 魚系の匂い 魚系の匂い
食いつき
焦げ茶色 薄茶色

今度はモグワンとこのこのごはんの匂いの違いを比較してみたところ、どちらもお肉と魚が原材料として使われているので魚系のいい香りがするのは共通していました。

食いつきのよさも、我が家の愛犬はモグワンもこのこのごはんもどちらも相違なく美味しそうにペロリとたいらげてくれました。

違い①色

モグワン このこのごはん 成分唯一違いとしては色の違いになりますが、モグワンは焦げ茶色なのに対してこのこのごはんは薄茶色になっています。

これは、使われている原材料の色がダイレクトに現れていて、モグワンはチキン&サーモン56.5%使われているので、色が濃くなっています。それに対して、このこのごはんは原材料に玄米が多く使われていることから、薄い茶色になっているんですね。

オリオン
オリオン
色の違いでどっちがいい!と判断するポイントではないけれど、原材料でここまで色が違うんだということを知っておいてね!

⑧涙やけへの効果の比較

涙やけの犬次に、多くの方が悩まれている愛犬の「涙やけ」への効果をネット上の口コミからモグワン・このこのごはんで比較してみました。

モグワン このこのごはん
涙やけへの効果

モグワンもこのこのごはんも「涙やけへの効果はあった!」という意見が多く見られました。とは言え、モグワンでもこのこのごはんでも「涙やけは改善されなかった」という声もいくつもありました。

ネット上の「涙やけへ効果があったor効果がなかった」と口コミが真っ二つに割れている理由は、実は涙やけの原因には大きく分けて2つの原因があるからです。

涙やけの原因①添加物・質の悪いドッグフードによるもの

まず、犬の涙やけの原因の1つとして、添加物や質の悪い原材料を使ったドッグフードやおやつを食べていることが挙られます。

添加物・粗悪な食材で作られたドッグフードは体内に吸収することが出来ず老廃物となり蓄積していってしまうのです。

そして、蓄積された老廃物が「鼻涙管」を詰まらせてしまうことが涙やけの原因となってしまうことが多くあるんですね。

つまり、添加物不使用で良質なタンパク質を原材料として作られたモグワン・このこのごはんのようなう品質のドッグフードを与えることで、老廃物が溜まりにくくなる→涙やけの改善効果が期待できます。

オリオンママ
オリオンママ
このこのごはんはグルテンフリー、モグワンはグルテン&グレインの両方がフリーなので、アレルギー・涙やけへの対策としてはモグワンの方が優れていますね!

涙やけの原因②瞼内反症・鼻涙管閉塞などの病気によるもの

2つ目の犬の涙やけの原因として、目の病気(瞼内反症・鼻涙管閉塞)などにより大量の涙が涙腺から流れ出してしまうことで涙やけを起こしてしまうものがあります。

この場合は獣医師による目の直接的な治療が必要な病気となるので、老廃物を出さないためにモグワンやこのこのごはんのような高品質のドッグフードを与えても涙やけの改善効果は期待できません。

オリオン
オリオン
モグワン・このこのごはんで涙やけが良くなった!というケースは、食べ物による老廃物が原因で涙やけになってしまっていた子達ということだね!

⑨販売会社・製造元の比較

モグワン このこのごはん
ンサムネイル このこのごはんサムネイル
販売会社 (株)レティシアン 株式会社オモヤ
原産国 イギリス
日本
生産元 GAペットフード・パートナーズ社 熊本県のある工場
開発者 レティシアンとこのこのごはんスタッフの共同開発 株式会社オモヤ
中島さん
販売国 日本・韓国・香港・インドネシア 日本

今度は、モグワンとこのこのごはんの販売会社・製造元等の製品を取り扱う部分について比較してみました。

モグワンはイギリスのFEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)の基準をクリアした工場で製造され、日本企業であるレシティアンが輸入販売を行っています。

このこのごはんは株式会社オモヤが熊本県にある工場で製造されているようですが、工場の会社名までは分かりませんでしたが、人間の食べ物を扱う工場で作られているそうです。

オリオン
オリオン
イギリス製のモグワンと国産のこのこのごはんは、原産国は違えど共に信頼できる販売会社・工場ということがわかるね!

モグワンも日本に住む犬のニーズに合わせたドッグフード!

このこのごはんが国産原材料を使い国内の工場で製造されている、となると「だったら日本に住む犬にはこのこのごはんの方があってるんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、実はその考えは間違っています。

モグワンはイギリス製で海外調達の原料を使用して製造されていますが、開発者は輸入販売元の株式会社レシティアンなんですね。

レシティアンが世界中で人気の高品質ドッグフードのハイバイ会社である「カナガン」に相談して、日本で販売するための高品質なドッグフードが製造されました。

つまり、モグワンも「日本に住む犬のことを考えて作られたドッグフード」ということになりますね。

オリオンママ
オリオンママ
イギリス製のモグワンも日本に住む犬に合うドッグフードということですね。

⑩コスパ・最安値の比較

モグワン このこのごはん
お試し 100円 設定無し
通常価格 3,960円 3,850円
内容量 1.8kg 1.0㎏
100gあたりの値段 220円 385円

次にドッグフードを決めるにあたってとても重要なコスパについて比較してみたところ、このこのごはんの方が100gあたりの値段を見ても割高なのがわかりますね。

コスパで見るとモグワンがお得!

100gあたりの値段に換算してみると、モグワンが220円なのに対してこのこのごはんが385円と165円も値段が高くなっているので、コスパがいいのはモグワンです。

このこのごはんの値段が高いのは、厳選された国産の原材料を使って国内の工場で生産されているので、製造そのものにコストがかかってしまっているから。

オリオン
オリオン
モグワンは国産ではないものの、ペット大国イギリスの厳しい基準をクリアした原材料を使って製造されているので安心・安全なことに変わりはないよ!

定期コースで見る最安値の違い

モグワン このこのごはん
お試し 100円 なし
1袋定期の場合 3,560円
(10%OFF)
3,278円
(15%OFF)
2袋定期の場合
(1袋の値段)
3,366円
(15%OFF)
6,556円
(15%OFF)
6袋定期の場合
(1袋の値段)
3,168円
(20%OFF)
設定無し
都度購入の場合 3,960円 3,850円
送料 640円 850円
送料無料ライン まとめて3個以上
(10,000円以上)
設定無し

最後にモグワンとこのこのごはんの最安値を比較して見てみました。モグワンとこのこのごはんの公式サイトには、それぞれ通常購入よりお得に購入できる定期購入コースが用意されていますが、割引率が異なります。

モグワン

購入袋数が増えるごとに5%ずつ割引率がアップしていき最大20%OFFで購入可能。
(1袋:10%OFF→2袋以上:15%OFF→6袋以上:20%OFF)

このこのごはん

何袋定期購入しても割引率は一定の15%OFF。
(定期2回目以降は2袋単位での注文。)

オリオンママ
オリオンママ
愛犬の食べる量によって固定費用はだいぶ変わってきますが、長い目で見ると割引率の高いモグワンの方がお得ですね!

3kgの犬の餌代に換算すると大きな差が…!!

モグワンとこのこのごはんを、3kgのわんちゃんに与えた時の餌代を1日あたり/1ヶ月あたりで都度購入の金額で換算すると、かかる費用に大きな差が出てきてしまうことがわかりました。

モグワン このこのごはん
3kgの犬の餌代
(1日あたり)
119円 281円
3kgの犬の餌代
(1ヶ月あたり)
3,570円 8,430円

このように、3kgの犬の餌代を1日あたりの金額で見た時にはこのこのごはんはモグワンより162円高く、1ヶ月あたりで見ると4,860円も高くなってしまいます。

いくら良質のドッグフードを愛犬に与えたい…といっても毎月かかってくる固定費にいくらまで出せるかは飼い主さんによるとは思いますが、安全性が高く安心で更に手頃な値段のモグワンの方が圧倒的にお財布にも優しいですね。

オリオン
オリオン
価格だけではなく、本当に愛犬の体に合うドッグフードを選んであげてね!

\今なら最大20%OFFで購入可能♪/
モグワンドッグフードの公式サイトはこちら

<番外編>パッケージの違いを比較!

モグワン とこのこのごはん ジップ品質や安全性には関わらないので<番外編>としましたが、モグワンとこのこのごはんではパッケージ(ジッパー)も異なります。たかがジッパー、されどジッパー。毎日愛犬にドッグフードを与える時に必ず触れるものなので、操作性・保存性は大事ですよね!

画像のように、モグワンのジッパーはマジックテープタイプのジッパーで開け閉めがとてもしやすく密封しやすいのが特徴です。

一方このこのごはんのジッパーは、よくあるシングルジッパーで毎回パチパチ閉めなければ隙間が空いてしまい、密封しにくタイプです。

モグワンとこのこのごはんのジッパーを比較するとモグワンの方が格段に使いやすいので、別容器にドッグフードを入れ替えずに袋のまま保管して与えていきたいという人には、モグワンがおすすめです。

オリオンママ
オリオンママ
パッケージ(袋)自体はモグワンもこのこのごはんも遮光性に優れたアルミ素材を使用しているので保存性にも優れていますよ。

モグワンとこのこのごはん、どっちがいいか迷っている人へ。おすすめしたいのはこんなワンちゃん!

どっちがいい?今回の記事ではモグワンとこのこのごはんを当サイトの10個の視点から比較し、それぞれについて詳しく解説してきました。

その結果、どっちも高品質で愛犬に安心して与えることができるドッグフードであることがわかりましたよね。

オリオンママ
オリオンママ
ですが、まだモグワンとこのこのごはんのどっちがいいんだろう?と迷っている飼い主さんへ、判断基準をまとめていきます。

モグワンがおすすめのワンちゃん

モグワンは日本で暮らすワンちゃんのためにレシティアンとカナガンが共同開発した高品質のドッグフードです。

このこのごはんとの大きな違いは、モグワンはタンパク質・脂質量が多く、グルテン&グレインフリーという部分にあるので、

  • 運動量はが多い犬
  • 成長期の子犬
  • 妊娠期・授乳期の母犬
  • 体重を増やして体力をつけさせたい犬
  • アレルギーの心配がある犬

モグワンはこのようなワンちゃんにおすすめしたいドッグフードです。

このこのごはんがおすすめのワンちゃん

モグワンとの大きな違いは、このこのごはんは国産の原材料を使い、国内工場で製造されていて、低タンパク・低脂質・グレインフリーではないという部分にあるので、

  • 室内で過ごす小型犬
  • 成長期が終わった成犬
  • 妊娠・授乳期ではない母犬
  • 肥満が気になる犬
  • アレルギーの心配はない犬
  • 国産のドッグフードを与えたい犬

このこのごはんはこのようなワンちゃんにおすすめしたいドッグフードです。

活発なワンちゃんにはモグワンが断然おすすめ!

ここまでご紹介してきたように、モグワンとこのこのごはんはどちらも高品質で安心・安全なドッグフードなので、どっちがいいのか?と購入を迷ってしまうのも納得できます。

最終的にどっちがいいか?と悩んだときは、総合評価の高かったモグワンをお勧めします。

このこのごはんは国産の素材を使って国内で製造された安心のドッグフードではありますが、原材料の使用量(%)が明記されていないということと、グレインフリーではない部分にやや不安があります。

モグワンは日本の輸入販売会社のレシティアンとペット大国イギリスの世界的有名なドッグフードメーカーの「カナガン」が日本向けに共同開発されたドッグフードです。

海外製品ではありますが、日本で暮らす犬のために開発された安心・安全なドッグフードということが、一番のおすすめポイントになります。

実際に両方愛犬に与えてみて反応を見て決めるのも◎

モグワンはチキン&サーモンが使われていて高タンパク質な活動量の多い犬にぴったりのドッグフードです。

もちろん、主に室内で過ごしていて運動量が少ないワンちゃんには、このこのごはんの方が合っている場合もありますので、どっちがいいのか?と悩んだときは、ひとまず両方お試しで与えてみることをお勧め致します。

オリオン
オリオン
ドッグフードは合う・合わないがあるものなので、実際に愛犬に与えてみて、食いつきの良さや食べ残しなどの反応を見ながら決めるのがいいね!

\今なら最大20%OFFで購入可能♪/
モグワンドッグフードの公式サイトはこちら

怪しい?モグワンとこのこのごはんの口コミ評判は?

オリオンとこのこのごはんここではモグワンとこのこのごはんのネット上の口コミ・評判を悪評・中立的な口コミ・良かった口コミをそれぞれまとめてご紹介していきます。

モグワン口コミ・評判

モグワンのネット上での悪評①

愛犬の年齢/犬種 愛犬の悩み 評価
チワプー/9歳 食が細い

モグワンドッグフードもあげたところ食い付きがよく、美味しそうに1粒残らず食べてくれました。食い付きがよく、便通も良くなったので切り替えて良かったと思いましたが、何分量が少なくコスパの悪さは否めないので、もう少し容量が多いといいなと思いました。

モグワンのネット上での悪評②

愛犬の年齢/犬種 愛犬の悩み 評価
シーズー/8歳 食べない

愛犬がシニアになってきて食が細くフードを出しても食べないことが続きました。これではまずいと思いネットで食いつきの評判が良いモグワンを購入してみましたが、我が家の子は最初の1週間は夢中で食べましたがその後また徐々に食べなくなり、今は別のフードを与えています。

モグワンのネット上での中立的な口コミ①

愛犬の年齢/犬種 愛犬の悩み 評価
チワワ/5歳 食べない

多頭飼いをしていて、そのうち1匹がご飯を食べなくなったことをきっかけに餌の品質を見直すきっかけとなり…色々調べていたところ、ネットでも上位に上がっていたのでモグワンの100円お試しサンプルを取り寄せ食べさせたところ、今までに無い食いつきっぷりで、1粒残さず食べてくれたのでモグワンドッグフードを選びました。

モグワンのネット上での中立的な口コミ

愛犬の年齢/犬種 愛犬の悩み 評価
パピヨン/5歳 食いつき

肉やサーモン・野菜をはじめ、余計な成分を使っていないで作られている関係もありワンちゃんの健康面に不安を抱えている場合におすすめとネットの口コミを読んで知りました。ちょうど涙やけや便秘に悩まされていたのですが同じ犬種で同じくらいの年齢のワンちゃんのポジティブな体験談を読んだことで「よさそうだな」と思い、選んでみましたがよく食べてくれて良かったです。

モグワンのネット上での良い口コミ①

愛犬の年齢/犬種 愛犬の悩み 評価
柴犬/6歳 食べムラ

モグワンにドッグフードを変えてみたところ、それまであったドッグフードの「食べムラ」が解消され、もぐもぐと食べるようになりました。残すこともなく適量をしっかり食べるようになったこともあったのか涙やけや便秘といったそれまでの健康面に対する事柄も少しずつ解消されていき、元気に飛び回るようになりました。モグワンドッグフードを変えたことが良い方に変わったかと感じました。

モグワンのネット上での良い口コミ②

愛犬の年齢/犬種 愛犬の悩み 評価
トイプードル/11歳 食べムラ

シニア犬になってからとにかく食べムラが多く、今までいくつもホームセンターでドッグフードを買って試してみましたが1袋食べ終わるなんてことはなく困っていました。獣医さんにそうだんしたところ「においがしっかりしているドッグフードがいい」とモグワンをおすすめされて試してみたところ、飽きずに食べてくれて今や3袋目に突入!モリモリ食べてくれるのでとてもありがたいです。

モグワンのネット上での良い口コミ②

愛犬の年齢/犬種 愛犬の悩み 評価
コーギー/5歳 吐き戻し

便がゆるい上に吐き戻しが多い我が家の子に合うドッグフードを探して、色々なドッグフードを試してきましたがシックリ来るものがなく…たまたまネットで見つけたモグワンを与えてみたところ、吐き戻しもなくなり便もツヤッツヤの状態の良いものに変わりました!健康状態がドッグフードで変わる体験ができたので、このままモグワンを続けていこうと思います。

このこのごはんの口コミ・評判

このこのごはんのネット上での悪評①

愛犬の年齢/犬種 愛犬の悩み 評価
チワワ/9歳 食べない

OK!元々チキンの香りがするドッグフードを与えていて、このこのごはんはお肉系ではなく魚系の香りでどちらかと言うとキャットフードに似ている感覚でしたが、やはり魚系の香りがあまり合わないのか警戒してしまい食い付きが良くなかったです。また、以前のドッグフードに混ぜて与えるとある程度食べるようにはなりましたが、それでもこのこのごはんの粒だけ残したりしたので、正直愛犬の好みではない印象を受けたのが本音です。

このこのごはんのネット上での悪評②

愛犬の年齢/犬種 愛犬の悩み 評価
マルチーズ/4歳 食べムラ

飼っている愛犬はマルチーズですが、マルチーズは特に涙やけが酷くて気になっていましたし、だんだんと毛づやも悪くてなってきたので、このこのごはんは涙やけや毛づやの改善にも効果があると見たので、試してみようと思い選びました。また、粒も直径数mmなのでマルチーズにも合っていましたし、脂質も低かったので安心して与えられると思い購入しましたが、残念ながらうちの子は魚の匂いが駄目だったようで食べてくれませんでした。

このこのごはんのネット上での中立的な口コミ①

愛犬の年齢/犬種 愛犬の悩み 評価
トイプードル/8歳 特になし

OK!袋を開けた時のお薬のような嫌な香りがしなかったです。愛犬に与えると、とても食いつきがよかったです。また、食べた後もお腹が痛くなったり、便が緩くなったりすることもなく安心して与えることができました。普段なら直ぐにご飯を残してしまうのですが、このこのごはんの場合は、食べ過ぎてしまわないようにきちんと量を計って与えました。

このこのごはんのネット上での中立的な口コミ②

愛犬の年齢/犬種 愛犬の悩み 評価
柴犬/3歳 食べむら

OK!まず、大好きなぺこぱがCMに出ていたので興味を持ちました。松陰寺さんがご自分のワンちゃんに本当に与えているごはんならば信用できるかなと思いました。我が家の愛犬は胃腸が弱いのですは、胃腸に優しいと広告に書いてあったので試してみたいと思いました。このこのごはんは栄養バランスや原材料にもこだわって作られているので安心して愛犬に与えられると思いました。

このこのごはんのネット上での良い口コミ①

愛犬の年齢/犬種 愛犬の悩み 評価
トイプードル/3歳 食べむら

うちの子は食べむらがひどく、あの手この手を尽くしましたし獣医に相談しても、「食べないなら待つ」といった対応でした。ネット等の口コミをみて、「このこのごはん」の口コミがよいことからチャレンジした所食いつきの良さが抜群で食べむらもなくなり、もう1年以上継続して食べてくれていて助かっています。

このこのごはんのネット上での良い口コミ②

愛犬の年齢/犬種 愛犬の悩み 評価
マルプー/5歳 食いつき

強いチキンの香りのおかげか、最初はとても食いつきが良かったです。他のフードに比べると食いつきはマシになったので、そのまま購入し続けることにしました。毛艶が以前よりも良くなったような気もしています。

オリオン
オリオン
実際にモグワンとこのこのごはんを愛犬に与えたことがある人からの口コミ・評判だから参考にしてね!

\今なら最大20%OFFで購入可能♪/
モグワンドッグフードの公式サイトはこちら

モグワンとこのこのごはんを混ぜるのは問題ない?

モグワンとこのこのごはん 混ぜるモグワンとこのこのごはん、どっちがいいのか?迷った挙げ句に両方を購入したけど、2つのドッグフードを混ぜるのは問題ないのかな?と気になる方も多いと思います。

実際の所、私もモグワンとこのこのごはんの両方を購入して愛犬に与えてみたので、味変として混ぜて与えてもいいのかな?と気になり調べてみました。

オリオンママ
オリオンママ
モグワンとこのこのごはんを混ぜるのは問題ないのか?混ぜて与える時に気をつけたいことについてご紹介していきますね。

結論:モグワンとこのこのごはんを混ぜる場合はグレインフリーに注意!

結論からお伝えすると、モグワンとこのこのごはんを混ぜて与えても特に問題はありません。

というのは、そもそもドッグフードは洗剤のように「混ぜるな危険」という表記はないですし、モグワンもこのこのごはんも高品質なドッグフードなので混ぜることで栄養価が損なわれたり、危険な状況になるといった心配はありません。

ただ、敢えてモグワンとこのこのごはんを混ぜる時の注意点とすれば、モグワンはグレインフリーなドッグフードということに対して、このこのごはんはグレインフリーではない。ということですね。

オリオン
オリオン
もし、グレインフリーにこだわる場合は、モグワンにこのこのごはんを混ぜることがないようにしてね!

モグワンとこのこのごはんを混ぜるメリット

モグワンとこのこのごはんを混ぜるメリットとして考えられることは、双方に足りない栄養素を補える!ということですね。

例えば、モグワンのは高タンパク質なドッグフードなのに対して、このこのごはんは低タンパク室のドッグフードです。

このこのごはんにモグワンのタンパク質や、モグワンにしか含まれていない成分(グルコサミン・コンドロイチン等)を追加したい!そんな時は、モグワンとこのこのごはんを混ぜることでこのこのごはんに足りない栄養素を補うことができますね。

オリオンママ
オリオンママ
でも、モグワンとこのこのごはんを混ぜる時に注意したいこともあるので次の項目も読んで下さいね。

モグワンとこのこのごはんを混ぜる時の注意点

モグワンとこのこのごはんを混ぜることは、このこのごはんはグレインフリーではないことに注意!と最初にお伝えした通り、2種類のドッグフードを混ぜる場合「両方のドッグフードを個別に先に与えて体調の変化がなく、問題がないことを確認すること!」です。

その理由として、モグワンとこのこのごはんをいきなり混ぜて愛犬に与えた時に何も問題がなければ良いのですが、アレルギーや嘔吐・下痢の症状が出てしまった場合、どっちのドッグフードに原因があっての症状かが分からないからです。

2つのドッグフードを混ぜる場合、必ず1種類ずつ最低1週間愛犬に与えて体調の変化やトラブルがないことを確認した上で混ぜるようにすることが大切です。

オリオン
オリオン
モグワンとこのこのごはん、どっちも問題なく愛犬が食べられることが確認できてから混ぜたりトッピングして与えてね!

\今なら最大20%OFFで購入可能♪/
モグワンドッグフードの公式サイトはこちら